タグ:桜 ( 4 ) タグの人気記事

長屋の初鰹

食えば七十五日長生きできると、
江戸っ子は初物に情熱を傾けますが、
さて、初物の代表格の「鰹」。
文化文政(1804~1830年)の頃には「5両してもかまわない」とまで言われ、
(このころの1両は今なら10万円くらいなので、1尾50万円でも欲しい!?)
あまりのフィーバーぶりに、幕府から禁令が出て、いっとき止んでも、
将軍よりも誰よりも早く鰹を口にする意気込みはすさまじい。


江戸時代には、そんな初鰹狂乱期が
3度ほどありましたが、
金持ちのみならず、
鰹の出初めには「女房を質に入れても」などと、
長屋住まいのような男どもさえ、
目の色を変えます。



f0186852_13303189.jpg



その熱狂ぶりはどれほどかと言いますと。
「初鰹妻に聞かせる値ではなし」
とてもじゃないけれど、女房の耳に入ったら恐ろしいことになる値段ですし、
詰め寄られてその値を洩らそうものなら、
「初鰹女房に小一年言われ」
と当時の川柳にありますが、そんなこと当たり前。
「その値では袷があたらしく出来る」
というほどなんですから。
でも亭主がバカバカしいこの「初鰹」に支払ったお金があれば……、
と思うほどに腹が立って、腹が立って仕方ない女房です。
「意地づくで女房鰹をなめもせず」
と絶対に食べない。食べるどころか舐めもしない。
そんな女房はまだやさしいもので、
「女房の我意をあらはす煮た鰹」
あ“~~~~~、刺身でなければ意味のない初鰹を、
煮てしまったのは女房の断固たる意思表示です。

f0186852_13311418.jpg



  一般に青魚は足が早く、
  特に鰹は「鰹の生き腐れ」といって、
  鮮度の落ちるのが早い。
  冷蔵手段などない時代、
  時間が立てば手の届く値段になり、
  昼頃には朝値の半額くらいだったようで、
  長屋の男どもにも財布の負担は軽くなります。



ところが青魚は当たると怖い。
嘔吐や頭痛などに苦しんで、医者にかかる羽目になります。
「恥ずかしや医者に鰹の値が知れる」
見栄を張って命を落とす気か! とこってり医者に叱られることに。
こんな風に鰹に当たって具合悪くなるのを「鰹酔い」というそうで、
特に頭痛がひどくなるらしいです。
「鉢巻きにあやまつて居る鰹売」
というのは鰹酔いで頭痛になって鉢巻きしてるわけ。
また、薬といっても桜の皮を舐める程度しかないらしく、
「あす来たらぶてと桜の皮をなめ」
ってなもんで、長屋の男ども、亭主族は、鰹売りを手ぐすね引いて待ってます。


f0186852_1343258.jpg

f0186852_13333872.jpg
『江戸浮世人形』より「初がつお」と鰹をさばく様子












桜の皮は本来は「桜皮(おうひ)」という漢方薬。
桜の皮の外側の固い部分を除去した内側の部分で、
「フラボノイド・サクラニン」という成分が含まれていて、
解毒、鎮咳、じんましん、食中毒での頭痛などに効果があるようです。
桜皮は本来は煎じて飲むのでしょうが、もしかして上の川柳は、
床の中でぷりぷり怒りながら、
「いてて…」とうめきつつ、桜の皮をベロベロ舐めてる、
男の姿を思い浮かべて、吹き出しそうになります。


鰹やサバなどの青魚はたとえ現代でも、冷蔵庫の過信は禁物。
桜の皮舐めても、難しいかもemoticon-0105-wink.gif
お医者さんへ駆けつけましょう。











emoticon-0167-beer.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2016-06-01 13:47 | 江戸の食べ物 | Comments(0)

江戸の桜~御殿山いずこ

ずっと前から気になっていた「御殿山」。
江戸時代には江戸の3大桜の名所的存在だったのに、
今も地名としては耳にしますが、
桜のことなど全く聞かないのはなぜだろうと、すごく不思議でした。
飛鳥山も、墨田堤もちゃんと残ってるのに、です。
桜満開の御殿山の浮世絵も、た~くさんあります。

f0186852_1821399.jpg

上は広重が描いた御殿山の「夕桜」

f0186852_1825531.jpg





 
      こちらは北斎の御殿山の桜。



残念ながら、御殿山は無くなりました。
山とはいっても、まあ、丘くらいに思っていた方がいいでしょう。
これがイギリスだったら、「山」だと言い張るかもしれませんが、ここは日本。

御殿山というからには、「御殿」があったのです。
徳川家康が狩や接待に使うために「品川御殿」を造りました。
それ以前に、大田道灌がここに館を構えていたそうです。
そして、家康が入府したときに、江戸城改修のために、
相当量の土が削り取られました。

「品川御殿」は、元禄15年(1702年)に焼失してしまい、
その後は再建されなかったようです
寛文年間(1661~72年)、ここに数百本の桜を植えたので、
眺望に恵まれ、品川の沖のほうまでも見え、
絶好の桜の名所となったのです。


f0186852_18402680.jpg











そして時は飛んで、幕末の嘉永6年(1853年)、
外国から開国を迫られ、天下はまさに、上を下への大騒ぎ。
押し寄せる黒船への備え、防備のために、
大砲を海に向かって設置しなければなりません。
そこで、砲台を作るために一番近い山「御殿山」を削り取って、
目黒川河口に近い海に、砲台を作ったのです。
ここは「御殿山下台場」と呼ばれ、
のちには台場小学校の敷地となっています。

こうして御殿山は、消えゆきました。
ただ広重らの浮世絵が、
御殿山を想像するよすがとなるだけなのでしょう。


これは広重による御殿山と島側の宿を眺めた画。
家康のころ削られても、まだけっこうなお山。
大坂の天保山よりはうんと高い!emoticon-0136-giggle.gifにひひ。

f0186852_18453134.jpg

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-04-06 18:55 | 江戸歳時記 | Comments(0)

桜咲くころに

被災された方々のお辛さを思い、直接手は届かないまでも、
自分にできる何かをしていきたいと思います。

被災したとある町では、自治能力の高さゆえ、
立ち直りも早く進んでいるところがあるそうです。
江戸時代の村の組織系統が、現代にまで受け継がれ、
すばらしい結果を生んでいると聞きました。

未だ復興の動きもできない土地も多くあるでしょうが、
きっと明るさは取り戻しましょう。

これからの復興の未来図には、
江戸のころになされてきた知恵にも、
役立つことがたくさんあるかもしれません。

また、Edo CoCoが、たわいのない江戸の話などで、
お心を和らげる一助となれば幸いです。
これからも、江戸のお話をつづってまいりますね。



f0186852_1729261.jpg



























世情の不安と忙しさに忘れかけておりましたが、
なんと桜の季節なのです! 
そこできょうはこんなお話。


以前イギリス人に
「なぜ日本人はそんなに桜に固執するのか、夢中になるのか?」
と問われて、
「日本の桜は咲いてる期間が短い。ゆえに侍の精神、潔さと通じるところがあって好まれるのだ」
と答えようとしたが、
「潔い」という言葉が見つからない。
困った!

でも本当は、桜ははらはらすぐに散ってしまうがゆえに、
もともと武士には好まれなかったのだそう。
ちょうど、椿が好まれなかったように。
それが時代が変わるにつれ、
逆に桜は武士の精神の象徴みたいになっちゃった、
というのも興味深い。


ところで、上野公園は現代でも花見の最高のスポットと言われるが、
(なにが最高なのかは、ご想像にお任せします)
江戸期には途中から、酒宴などが禁止の花見の場所だった。


f0186852_16364962.jpg

これは広重の描いた上野のお山だが、
みなおとなしくそぞろ歩いており、お酒飲んだりしている姿はない。

山同心という役人が厳しく見張っていたので、
それでは息も詰まろうと、
暴れん坊将軍の8代吉宗が、
王子の飛鳥山にたくさんの桜を植え、庶民が心行くまで楽しめる空間を提供した。

f0186852_16323470.jpg

上の画は飛鳥山の花見の情景。

f0186852_1724214.jpg



























上の3枚つづりの画の左を拡大したもの。
右の折の重なりを担いでいるのは、鮨売り。
鮨売りはこのような若衆に多かったもので、
普段は遊里で売り歩くが、正月には町でも売り歩く。




f0186852_17284377.jpg


これ飛鳥山の桜。

f0186852_1748441.jpg

上の中央部分の拡大だが、富士山の下にたくさんの茶店が見える。
なんとのどかで、楽しそう。





ほんとに、何ゆえ私たちはかくも桜に心惹かれるのだろう?

桜にまつわる思い出を、
誰もがひとつは持っているだろう。

出逢い、別れ、恋・・・。
そしてこの春、何もかも失われてしまった人にも、きっと桜の思い出が・・・・。

人それぞれの思い出を、桜は一身に背負って,
ただひたすら美しく、
今年も咲くのでしょう。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-04-03 17:49 | 江戸歳時記 | Comments(0)

お江戸の桜も満開


桜ははや満開ですのに、この寒さは何でしょう!
今年は、江戸の人々に勝手になり代わりまして、
お江戸の櫻(はな)自慢を、させていただきます(笑)

さあさ、みなさま、鏡に向かってちょっとお顔を上げ、
「ほら、お鼻見!」
・・・・
怒られないうちに、浮世絵です!




ではおなじみ歌川広重の「名所江戸百景」からです。



f0186852_16535561.jpg












「砂むら」とありますから、ここは現在の「砂町」です。
八幡様に続く土手、
浮島のような、なんとのどかな春でしょう。



f0186852_16544817.jpg 











こちらは隅田川の
「真崎稲荷」、
池波正太郎の
『剣客商売』で、    
秋山大二郎の道場の
ある辺りです。           
小兵衛さんも、
こんな風景の中で
暮らしているのですね。












f0186852_1722232.jpg

さてこちらは、時代を少しさかのぼり、上は元禄の頃のお花見風景。
女性と思われるのは、歌舞伎の女形です。
額のところに紫帽子といわれる布を当て、月代を隠しています。
男は武家のようですが、吉原とはまた違った世界の雰囲気があります。
そうゆうこと!
でも、優雅でしょ?




f0186852_1656065.jpg













お花見には、駕籠に乗って出かけます。
これは春信の世界。






f0186852_16563050.jpg
















お花見に
ちょっと飲みすぎました?
ひさご(瓢箪)を肩に、
小僧さんに
お弁当や日傘を持たせ・・・。







f0186852_16571016.jpg

上の画は、飛鳥山の花見風景。
江戸の「飛鳥山」は今も昔も王子にあって、今は飛鳥山公園になっています。
ここは8代暴れん坊将軍・吉宗が命じ、1,270本の桜が植えられ、
庶民が「どんちゃん騒ぎ」のできる花見空間になりました。
当時飛鳥山では、土器(かわらけ)を投げる遊びが、とっても人気がありました。
この画でも、土器を放っていますね?

明治になって高崎線が開通し、この遊びはできなくなってしまったのですって。
飛鳥山のふもとには、数十件の茶店がひしめき、
特に櫻の頃の賑わいはすごかったそうですよ。




f0186852_16581585.jpg

上は「市谷八幡」…今もほとんどこんな感じ。 





f0186852_16585229.jpg

輪になった松はなくなってしまいましたが、ここは上野のお山。






江戸のお花見、お楽しみいただけましたでしょうか?

さてさて、あなたのお花見は今年はいかがです?
もう楽しまれたでしょうか、それともこれからでしょうか?
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-04-05 17:20 | 江戸歳時記 | Comments(0)

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧