Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水 ( 3 ) タグの人気記事

江戸の下水、どないなってますの?

きょう9月10日は、下水道の日だそうです。
以前、江戸の上水道のことをお読みくださった方から、
「江戸の下水道はどんなだったの?」とご質問いただきましたので、
下水に関してかきますね。

パリに環状の大下水道が作られたのは1740年、
イギリスでは1863年に下水道が作られました。
日本ではというと、明治30年(1900年)に東京・神田に作られたのが最初です。
江戸(東京)に西洋のような下水道ができたのは、遅かったのです。
なぜか?
江戸では、し尿と、生活排水や雨水は、完全に分けて処理され、
しかも下水に流される水はあまり汚れていなかったので、
西洋のような暗渠にする必要性がなかったのです。

f0186852_1905477.jpg






この図の奥の方(人物の向こう、家の手前)に、
鍵形に作られている溝が下水道。



江戸には下水道が完備されていました。
主に生活排水と雨水を流すための下水で、
ほとんどは開渠(地中に管を埋めるのでなく、地上に溝を掘ってオープンになってる形)です。
パリやロンドンでは、当時は城や館にはトイレがありましたが、
庶民はおまるにして、「捨てるよ~!」みたいな大声かけ、通行人も「いいよ~!」と応えたら、
上からザッバ~ンと捨てられたようです。
糞尿まみれの通り・・・、日本では考えられませんね。
江戸などでは肥料に使うので、近在のお百姓さんが買いに来ます。
長屋の大家さんはそれが大きな収入にもなります。
それで、下水にし尿が入ることがありません。

f0186852_1931790.jpg






   右の挿絵には、見世の前の地面に、
   石組みで作られた溝があります。
   (溝と書いて「どぶ」と読むことが多いです)。


江戸は水が豊富ではなかったので、井戸水を大切に使いきります。
米のとぎ汁は鉢植えにかけたり、洗濯も洗剤などないので、そこらへんにまけば、
土にしみこんでいきます。
お風呂も薪が高いし、火の用心もあるし、水は大切なので、
個人で風呂を持つのは、よほどのお金持ち。
湯屋はたくさんありますから、毎日のように湯に入り清潔です。
というわけで、下水に流れていく生活排水も、あまり汚れてはいないので、
堀や川に流しています。

f0186852_1971042.jpg
右の画のように屋根から落ちる雨を集めて流すのは
「雨落下水」といいます。

「割下水(わりげすい)」は、通りの中央部にある溝で、
水はけのために作られています。
「本所割下水」。
鬼平こと長谷川平蔵の実家があったのでしたっけ。
本所は武家地ですが、
元は田んぼだったので水が上がりやすく、
割り下水が作られたのだとか。

下水に関してはまだたくさんお話がありますが、またいつか。








 

070.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-09-10 15:24 | 江戸ぐらし | Comments(0)

水に遊ぶ子供たち


立秋とは名ばかり。
この100年間で気温の上昇は1℃だそうですが、
過去では1000年に1℃の上昇だったとか。
体感的には江戸のころより、5℃は上昇しているようなきがしますが・・・。
そんなとき、脳裏をよぎるのはやっぱり水遊び。

f0186852_1834352.jpg


腹掛けの子、はだかんぼの子、着物を思いっきりたくし上げてる子・・・・。
ザルもって小魚を追いかけたり、
小魚入れた丼鉢を持ってたり、
何かとった物を、幼子に見せてる子もいます。
ここでは水に入ってるのは、男の子たちだけに見えますけれど、
女の子だってきっとばしゃばしゃやってたでしょう。



f0186852_1835966.jpg








水鉄砲、楽しそうですね!!
水鉄砲って、学校でも作りました。
おもしろくて、その夜、お風呂で散々遊びました!






f0186852_18364584.jpg




なかなか凝った仕組みの噴水の玩具です。
上の子がひしゃくで、四角いところに水を入れると、
筒を落ちた水が円錐形のところから、
噴水になるようです。




f0186852_18361513.jpg

水遊びの画の中では、これが一番好きです!
「木曽街道」と画にも書かれていますが、
倉賀野(現・高崎市の一部)の宿場町で、
船が通っている大きな川は「烏川(からすがわ)」。
水運が盛んだったところです(今、仕入れた知識。行ったことはアリマセン!)
支流が多いらしく、ここもそうなのでしょうね。
水門があって、どこかの家の庭なのでしょうか・・・・・
筵の日よけがかかって、川のそばで、気持ちよさそうですね!
洗い物している脇で、
子どもたちのなんと楽しそうなこと。


子どもの頃の水遊びは、どんなでした?
なんだか、子どもたちのはしゃぐ声と、
水しぶきの音が聞えてきそうですね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-13 08:59 | 江戸の子どもたち | Comments(0)

江戸の「ひゃっこい、ひゃっこい!」

残暑お見舞い申し上げます


今年の夏は異常な暑さ。
おまけに残暑も厳しく長くなるのだとか・・・。
くれぐれも、熱中症や夏バテにはご注意くださいね。

さて、江戸の夏とてあつかったのですけれど、これほどではありますまい。
電気のない時代、それはそれでさまざまな夏の工夫や、暮らしぶりがありました、

そのひとつ、江戸の夏の風物詩でもあるのが「冷や水売り」。
「ひゃっこい、ひゃっこい!」
という売り声とともに、
湧水などの清水を汲み、江戸市中を売り歩きます。


f0186852_7582157.jpg
  まだ冷却装置も、まして庶民の口には
  夏の氷など入らない時代、
  冷たい感じのする水は、炎天下での何よりのご馳走でした。
  (将軍家などは夏に氷を食べましたけれどね)


f0186852_2016396.jpg









でも、いかな清水でも炎天下を運べば、生ぬるくなります。
そこで水売りは、たいていは、
真鍮(しんちゅう)や錫(すず)などの金属の椀を用意し、
それに清水と共に、
白砂糖と、寒晒粉(白玉粉)の小さな団子(小さな白玉)
を入れて、お客に出します。

これらの金属は、熱伝導率が高いので、
触れた感触が冷たかったのでしょう。
一杯が四文ですが、砂糖をもっと足して!
と注文しますと、八文や十二文になります。


f0186852_11303377.jpg

『江戸浮世人形』より「団十郎の冷や水売り」
人形の高さは15センチくらいです。



f0186852_20173445.jpg

京・大坂にもあり「砂糖水売り」と呼んでいます。
こちらは、白玉なしで、白砂糖だけの砂糖水です。
この時代、黒砂糖は安かったのですけれど、
白砂糖は高級品ですから、その上品な甘さも、
冷たさとは別の「おいしい水」として、
夏のご馳走だったのでしょうね。



                                  (実際にはこんな子供の水売りはいません)    

でも、ぬるいのには変わりなく、
「ぬるま湯を 辻辻で売る 暑いこと」
な~んて川柳もあります。





*註 1文は20~25円です。時代や、研究者によって異なりますが、ま、だいたいそれくらいです
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2010-08-17 11:37 | 江戸歳時記 | Comments(2)