Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:江戸の子ども ( 2 ) タグの人気記事

大網茶話会が終わって

1月末の第18回「江戸茶話会」は、
房総半島の大網で開催されました。
28,29日の週末、JR大網駅から徒歩6分のアート・エディター・スペースの
一角をお借りしました。

f0186852_10285101.jpg日曜日はギャラリー側がダブルブッキングというトラブルもありましたが、
何とか乗り切り、楽しんでいただけたようです。

f0186852_10294454.jpg
             まだ個展には登場していない「ひな祭り」



今回は「江戸の子どもたち」の実態を覗いていただきました。
どんな遊びをしていたか、
学びの場はあったのか、
子どもがかかわる行事は、
どんな服装をしていたのか、
ヘアスタイルはみんな同じ?
など『江戸浮世人形』を参考に、
想像力も働かせていただきます。

f0186852_10293297.jpg
f0186852_10291662.jpg
          これが噂の「白酒売り仁太」



幕末から明治にかけて日本にやって来た欧米人たちは、
西洋と異なり、日本の子どもたちが大変に優遇され、
大切にされていることに驚きました。
子どもは神様からの授かりもの、いえ、預かりもの、
という考え方が欧米の子どもへの対応の違いを作っています。

そんなことも納得していただいた茶話会でした。



f0186852_10301105.jpg
鳥居の向こうにはキツネの像を持った子供たち「三囲稲荷の初午」










071.gif


[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2017-02-15 11:01 | ご報告など | Comments(0)

岡山茶話会を開催いたしました。


10月18日(土)、第2回岡山茶話会を開催しました。

4年ぶりの岡山茶話会は、
最初の茶話会にご尽力いただいた方からのご希望により、実現いたしました。
今回は、個人のお宅で知り合いの方だけでということになり、
公募しなかったことを、ご了承ください。


「かがやく江戸の子どもたち」と題して、
前回の個展のテーマとなった、江戸の子どもたちについてお話しいたしました。
広いお座敷の二間をお借りし、大きな床の間に緋毛氈までご用意いただき、
写真のごとくの展示です。


f0186852_16324541.jpg




岡山もまた<お接待の>お国柄でしょうか。
朝早々と、祭ずしを2升も作ってきてくださったり、
お煮しめのお重やら、大鉢にサラダ、お吸い物などが、二つの座卓に並び、
なんと茶話会の前に、会食会が始まりました。

f0186852_1631474.jpg




江戸の子どもたちの生態系? 「遊び」「学び」「行事」「ファッション」について、
現代や、当時のヨーロッパ(イギリス)との比較も交えながら、
2時間にわたってのお話でした。
茶道の教師の方がお抹茶をたててくださり、
持参した「あも」という菓子ともよく合い、さまざまに話も弾み、
楽しい茶話会となりました。
が、休み時間もそこそこに、6時からは夜の部の開催です。

f0186852_1633206.jpg





最後のお客様を送り出したときには、
さすがにヘロヘロでしたが、
すぐに作品の撤収と荷造りをしないと、明朝には帰るのです。




今回は一人での開催でしたので、心身ともにしんどかったですが、
翌日は、倉敷のお祭り!
美観地区で企業や商店が、所有する屏風を展示して、見せてくれます。

f0186852_16472843.jpg
江戸時代や明治時代の屏風が町並を彩ります。







f0186852_16344860.jpg
大混雑の祭の美観地区には、こんなにひっそりとした庭園もありました。

素隠居という人々も出現して、このお面を冠った人に団扇ではたいてもらうと厄除けになるのですって。
子ども素隠居もいて、多くの素隠居にはたいてもらえたので、
しばらくは、息災でいられること間違いなし!



f0186852_1634953.jpg


後日、主催してくださった方から、
とても楽しい茶話会だったという声が多く感激でしたと、
写真とともに、ていねいなお手紙をいただき、
頑張ったかいがあったとうれしくなりました。




f0186852_1635554.jpg

掘割のステキな倉敷美観地区









[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2014-10-31 17:03 | ご報告など | Comments(0)