「ほっ」と。キャンペーン

酒の燗に紅葉を焚く

以前ブログで「紅葉」と「楓(かえで)」の区別がわからない、
と書きましたが、わかりましたよ~!
区別などない、紅葉も楓も同じもの、二つ呼び名があるってことでした。
すっきり~。

ところで、紅葉狩りにはもうおいでになりました?



f0186852_793097.jpg
















江戸の人々にとっては、紅葉狩りもまたイベントの一つ。
春の花見(桜)が大衆受けするイベントなら、
紅葉狩りはちょいと風流人たちの対象というところ。
そして風流の表し方に、こんなのもあります。



f0186852_6474652.jpg  これは鈴木晴信の画ですが、
  位の高い遊女が客の若者に、
  火鉢で燗鍋を温めています。
  そして炭のかわりに、
  禿に集めさせた紅葉を焚いています。
  なるほど風流じゃあ、
  とここで終わってはいけません。
  背後にある衝立(ついたて)をご覧くださいね。
  いろんな文字や絵が貼ってあり、
  これを「貼交(はりまぜ)衝立」といいます。



f0186852_6551321.jpg
衝立にこんな文字が書かれています。

「林間煖酒焼紅葉」

これは中国・唐の時代の詩人白居易(はくきょい)の詩の一節。
「林間に酒を暖むるに紅葉を焼(た)く」
というものです。
これに倣って遊女は紅葉で酒を温めているわけです。


「林間煖酒焼紅葉. 石上題詩掃緑苔」
と続くのですが、
「林間に酒を暖むるに紅葉を焼き、石上に詩を題するに緑苔を払う」
(りんかんに さけをあたためて こうようをたき、せきじょうにしをだいしてりょくたい をはらう)

平安時代からあまりにも有名な一句です。
親しい人が山に帰るというので、共によく遊んだ山の寺でのことを詠ったもので、
林間に舞い散る紅葉を焚いて酒を煖め、
石上に緑の苔をはらって詩を作ったよね!
という詩です。

さらにその後には、
「惆悵旧遊復無到 菊花時節羨君廻」
と続き、その意味は、
だけど残念ながら、あの遊んだ地にもう二度とは行けないのだ。
菊の花の咲くこの時節に、帰っていく君を羨ましく思うよ。

幼いころから遊んでいた仲間が山に帰っていく。
その山での楽しかった日々を思い出しているのです。


もちろん、春信の絵の中のお話しですから、
お客も前髪立ちの若者というか、少年? になっていますが、
江戸・吉原の位の高い遊女たちは、漢詩をも身につけ、
お客にこのような風流なもてなしもしていたようです。
当然、客もこの詩は知っていて、
雨の紅葉を、遊女と知的な遊びを楽しんでいるのでしょう。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2015-11-19 07:35 | 江戸歳時記 | Comments(0)

週の後半、あいにくの雨ですが、皇居の回りも紅葉となりました。

江戸の紅葉の見頃は立冬(2011年は11月8日)より7、8日頃と、
『東都歳時記』にあります。
ですが地球温暖化のせいもありましょうか、年々時期は遅くなり、
今年は、1~2週間、あるいはそれ以上遅くなっているところもあるようです。

f0186852_2117245.jpg




現代では紅葉は眺めるだけになりましたが、
平安時代には宮中やの貴族たちが、
紅葉のもとで宴を開き、
和歌を詠み「紅葉合(もみじあわせ)」
といって、これを競う遊びが流行りました。
それが江戸時代には、
庶民にまで広がっていきます。



f0186852_21212516.jpg
江戸時代の紅葉狩りは、
桜のお花見のように大勢で繰り出すのではなく、
小人数でその下で宴を催したり、
句をひねったり、紅葉を満喫します。
紅葉狩りをするのは隠人、
医者、僧侶などで、婦女子はしない
・・・・ともいわれていますが、
浮世絵や草紙の挿絵などには、
女性や子供も多く見られます。
宴や句会などを催したのが、
医者、 隠人、僧侶など
・・・ということかもしれません。


江戸時代には、園芸の熱狂的大ブームの中、
紅葉や楓も園芸の的となりました。
8代暴れん坊将軍・吉宗の時代、
唐から献上された「トウカエデ」というのを、
伊藤何某という人物に託され、
伊藤氏は接木でみごとにふやすことができました。
吉宗将軍はいたく感心し、伊藤氏にこれを下げ渡したところ、
楓のとりこになってしまっていた彼は、
たくさんの楓の種を開発したそうです。
そんなこともあって、江戸時代には100種を超える楓があります。

でも・・・・・カエデとモミジの区別がわからないので、きかないでね~emoticon-0136-giggle.gif



さてさて、そりゃあ紅葉は京の都はさもありなんですが、
品川鮫洲の海晏寺(かいあんじ)や、
向嶋の秋葉大権現、下谷の正燈寺、滝の川などなど、
お江戸にもたくさんの名所があります。


f0186852_10335288.jpg

ことのほか海晏寺(上の画)は紅葉の名所として名高く
ここは曹洞宗補陀落山海晏寺というのが正式名称。 
現在は第一京浜が横を通り、かつての紅葉を愛でた面影はなくなってしまいましたが、
当時の様子はたくさんの画に残されています。



f0186852_21284668.jpg

こちらは「真間の紅葉手古那の社継はし」とタイトルの付いた
広重の「江戸百景」の画。
真間は現在の千葉県市川市のあたり。
7世紀の半ばころのお話です。
手古那という美しい乙女がおりました。
あまりの美しさに大勢の男たちが、言い寄ってきました。
そのことに思い余った手古那は、
当時海だったこの地に身を投じた・・・・・
という伝説の土地です。
江戸からかなり離れていますが、紅葉の名所として、
物悲しい伝説に心はせながら、
江戸の人々は訪れるのでしょう。


我が家の近くの銀杏並木も、「金色のちひさき鳥のかたちして」
はらはらと舞い散り始めています。
「ポプラ並木、まっ黄色だね!」
というけど、あれはポプラじゃなくて、銀杏ですからね!

雨が上がったら、紅葉を見に行きませう。





emoticon-0159-music.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-12-01 10:30 | 江戸歳時記 | Comments(0)