Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:薬 ( 2 ) タグの人気記事

夏の物売り。「夏を乗り切る」薬売り。

枇杷の葉のお茶を飲んでる方もいらっしゃるのではと思いますが、
江戸の頃には、「枇杷葉湯」といって、枇杷の葉に、
肉桂(にっけい)や甘草(かんぞう)など、数種の薬草を混ぜて煮出した、
いわばハーブティーは、夏の定番の手軽な煎じ薬でした。
暑気当たりやかくらん、くだり腹に効くそうで、
甘草が入っているので、ほのかに甘いのでしょう。
無料で飲ませて宣伝し、良ければ買ってもらうという販売です。

f0186852_12151771.jpg


f0186852_12154490.jpg
上の図の右にいるのが
枇杷葉湯売り。
拡大してみます。














  「枇杷と桃 葉ばかりながら 暑気払い」
桃の葉も、あせもや湿疹など皮膚の炎症などを抑えるので、
お風呂にいれたり、特に夏には欠かせないものです。
枇杷も桃も実を食べるのに、「葉っぱばかり」使うのと、「憚りながら」をかけた川柳。


f0186852_12161950.jpg




















これも枇杷葉湯売り





本店は京の烏丸にあり、江戸には天明(1781~88年)の頃に、
薬炉を取り付けた箱を担いで、通りを行く人々に飲ませる・・・・
ってなことを、太田南畝が書いているそうで、
これが「京の烏丸枇杷葉湯」という薬売りです。
箱には烏がトレードマークになっていて、夏の江戸の風景にはよく見かけます。
   「京の烏を江戸で売る熱い事」
   「真黒になって売るのは烏丸」



f0186852_12164542.jpg


一方の定斎屋。
「是斎屋(ぜさいや)」ともありますが、
「じょさいや」というのが江戸風のようです。
町を売り歩く薬屋ですが、
夏の諸病に効果があるという薬を売っているので、
江戸の夏の風物詩ともなっているほどです。
濃紺の印半てんに股引(夏は脚絆のことも)、
炎天下でもけっして笠や手ぬぐいはかむらず、
「これを飲んでいれば、ほれこの通り暑気もなんのその」
という宣伝でもあるわけです。

   「定斎屋は色が黒いが自慢なり」
天秤棒で箱を担いでいますが、
この箱には朱や青貝の螺鈿で、
「定斎」あるいは屋号などが入っています。
屋手長の箱には、小さな引き出しがたくさんあり、
ここに付いている取っ手が「鐶(かん・金属のCの字型)」になっていますから、
歩くたびに、カタカタとリズミカルな音がします。
売り声を上げずとも定斎屋が来ているのは、この鐶の音でわかります。


「鬼のかくらん」といいますが、
日本では暑気あたりや日射病などのこともさしたようで、
江戸の頃には経験的にこのような薬で、対処していたんですね。









060.gif
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-08-09 12:29 | 江戸歳時記 | Comments(1)

おいしい夏のお薬・真桑瓜

立秋が過ぎたなんて思えないほどの暑さですね。
東北の電力不足と異常な暑さは、災害の追いうちです。
関東のものとしてせめて節電に心がけます。

さて江戸のころの暑さ対策!
徳川家康が「暑邪を除くべき良薬」と推進したのは、
なんとマクワウリでした。
「真桑瓜」とも書きます。

f0186852_6394680.jpg
              北斎の描いた真桑瓜。

これの黄色いのもあって、
それは「金瓜」と書いて「キンカ」と呼び、
秋田では「キンカウリ」と呼んでました。
真桑瓜とスペインメロンを
掛け合わせて作られたのが「プリンスメロン」です。


夏には路上でも水菓子の一つとして売ります。



f0186852_9371961.jpg









黄色い真桑瓜とくびれた縞瓜ですね。


真桑瓜は、縄文時代の遺跡からも種が出土している
という昔からの食べ物です。
アフリカや中東が原産地で、中国・朝鮮半島を経て、
日本に入ったのだとか。
真桑村(美濃国。現・岐阜県本巣市)に、鳥が種を運んできて
実がなり、それを朝廷に献上したところ、
大いに喜ばれたそうで、以降、真桑村の瓜は
時代経て、織田信長がこれを大いに保護し、広めたようです。


そして、徳川家康もまたこれに注目し、
真桑村からベテランの農民を呼び寄せ、
江戸の西、鳴子や府中で作らせました。
「暑邪を除く良薬」として、
幕府御用達の真桑瓜畑を作らせたほか、
庶民の間にも浸透させました。

そんなわけで、江戸では西瓜と真桑瓜は、夏の必需品!
たぶん江戸時代には、全国で真桑瓜が栽培されたはずです。



江戸では、夏の川遊びのシーズンに食物を積んで売りまわる「うろうろ舟」でも、
西瓜と共に真桑瓜も販売されます。


現在では江戸の野菜ブームでもありますけれど、
東京では「成子瓜」として、江戸の余韻を再び・・・・。
                     

                   
真桑瓜は、「味瓜」「ぼんてん瓜」「みやこ瓜」「あま瓜」
「甜瓜(てんか)」「まっか」などなど、
全国で呼び方が異なります。
それほど全国に普及していたのですね。
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2011-08-10 07:03 | 江戸歳時記 | Comments(0)