人気ブログランキング |

高尾と綱宗

「君は今 駒形あたり ほととぎす」
は高尾太夫の句とされる。
この句はただ、「あなたは今駒形あたりかしら」
と言ってるだけなのに、
なにかしら、思い遣る心、
情感みたいなものを感じるのはなぜだろう。

f0186852_2225474.jpg


          広重画「名誉江戸百景 駒形吾妻橋」 左下の屋根は「駒形堂」




伊達政宗の孫、伊達綱宗は19歳で藩主となった。
当時、伊達の石高は表立っては60万石といわれるが、
実収は100万石あったという。
そこで幕府の魔の手が伸びる。
伊達藩の財力削減のために、綱宗に土木工事を命じる。
ところが殿様、若い。
休憩と称しては吉原に通ってしまう。

綱宗をとりこにしたのは、三浦屋の高尾太夫。
彼女の気を引くために、
伽羅の香木でこさえた下駄を履いちゃったりなんかして、
吉原にお金をばら撒く。
しかし、高尾はなびかない。

     仙さまは大事な客と三浦いい

いくら店の主人、内儀に言われても、

     伊達ぎらい吉原中にただ一人

そう! 高尾太夫は伊達の殿様が嫌いだった!
キライだったのか否かは定かではないが、
少なくとも高尾には間夫(まぶ)がいた。
その彼に操立てして、60万石の大名を振った。

    大鳥毛高尾立派に振りとおし

伊達家の参勤交代で先頭を飾るのが、
この大鳥毛と呼ばれる毛槍である。
伊達家の象徴。

吉原ではこのクラスの遊女とは、
初回ははじめましての挨拶程度。
2回目には「裏を返す」といって、客が遊女を呼ぶ。
3回目にやっと客の念願がかなうことになるのだが、
それさえ、遊女の気に入らなければ、
太夫格なら客になびかない。
それが意気で張りなのだ。


f0186852_05828.jpg


















                        現在の吾妻橋




だが高尾は振られ続けてアタマにきた綱宗に、
舟遊びの最中、無惨にも殺害されてしまった。
そして綱宗は隠居謹慎となり、
やがてこの事件が又新たな事件へと発展する。

それが世に言う「伊達騒動」で、芝居にもなっている。
「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」だ。
綱宗が高尾を惨殺したというのは、どうやらフィクションのようだが、
芝居は史実をモデルに作られた。



f0186852_054475.jpg
      
















                        現在も広重の絵にある「駒形堂」は残る。




三浦屋の高尾は11人いた。
ここでの高尾は4代目。
それにしても、袖にし続ける男に、
「君は今 駒形あたり ほととぎす」
だなんて、心にかけるものか?
広重は高尾の気持ちを知ってか知らずか、
雨ではあるが、なにやら明るくなりそうな、
初夏の駒形の空を描いている。
by edo-ukiyo-doll | 2009-05-12 00:14 | 江戸の女性たち

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る