椿に思いをよせて



ちかごろ、とみに椿を好もしく思うようになった。
いつもなら通り過ぎてしまう街路樹としての椿が、
突然目に入ってきたのだ。


f0186852_957393.jpg



淡いピンクの柔らかな曲線、ほんのわずかな刺激でも
あとがついてしまいそうな繊細な花びら。
濃い緑の葉の群生の中に、はかない光のように
そっと咲いている。
何よりもあの柔肌のような花の肌感がたまらない。

山茶花のあとに、椿が今を盛りと次々と花開く。
山茶花と椿・・・・
区別がつけがたいが、
花びらがはらはらと落ちるのは山茶花、
花ごとぽたりと落ちるのが椿・・・
そんな風に教わったが、そうのようだ。




f0186852_107053.jpg



椿は中国や日本が原産とか。
学名はカメリア・ジャポニカ・リンネ。
椿が登場する初めての書物は『日本書紀』。
万葉の頃には、
紫染の際に椿の灰が使われた。



安土桃山時代には茶の湯ブームに伴って、
「侘」「寂」の世界にイメージが適合したため、
茶花として好まれるようになった。
又長寿や吉祥を祈願して、寺社への寄進が多くなり、
今も寺社の周囲には椿が多いのだとか。
椿には霊力があると信じられていたらしい。


f0186852_9572313.jpg

          上は幕末に描かれた椿



江戸時代になると、2代将軍秀忠が、こよなく花を愛でた人で、
とりわけ椿を好み各地から取り寄せて、
吹き上げ花壇に植えさせて愛でたそうだ。
江戸時代にに描かれた絵巻『百椿図(ひゃくちんず)』は、
狩野山楽によるものとされるが、まあ、その美しいこと!




f0186852_9582560.jpg

          江戸の椿山は、多くの椿の花見客を呼んだ。



「椿は首が落ちるから武士は忌み嫌らう」
といわれるようになったのは、1789年の寛政の改革以降だ。
17~18世紀、江戸は椿の全盛で、
珍種の売買、投機が行われたが、
改革ではそれも弾圧を受け、幕府の尻馬に乗って、
流言飛語した輩が後を絶たなかったためと、物の本にある。



f0186852_9574823.jpg

広重描くところのぼらと椿。
どちらもこの季節のもの。




シーボルトはじめ、多くの外国人が、海外へ椿を持ち出した。
おかげで19世紀、ヨーロッパは椿の大ブレークとなる。
1848年、アレクサンドル・デュマは小説『椿姫』を書き、
その5年後にベルディーが歌劇につくり、
今も世界中で公演されることとなった。

冷たい雨が続いていた。
雨にぬれてそこだけが、やわらかな光を放つように、
淡いピンクの椿が、いとおしい。







178.png

by edo-ukiyo-doll | 2010-04-19 10:10 | 江戸の園芸

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る