いずれあやめかかきつばた

どれもが美しく、甲乙つけがたい、という時に
「いずれあやめかかきつばた」
なんて言います。
「いずれがあやめかきつばた」
という場合もありますが、少し意味が違ってくるようです。

このあやめとかきつばた、違いがなかなか判りませんね。
あやめは乾いたところに育ち、花の芯の方が白くさらに黄色が入って、
その部分に濃い紫色の網目のような筋が入っています。

f0186852_16383143.jpg











   ←これは我が家の庭のあやめ。


一方かきつばたは水辺や湿地帯に育ち、花の芯のところは白いだけで筋は入りません。




f0186852_10141586.jpg
有名な尾形光琳の「燕子花図屏風」。花の芯は確認されませんが、燕子花はかきつばたと読ませています


「菖蒲」と書けば「しょうぶ」ですが、「あやめ」とも読みます。
端午の節句にお風呂に入れる「しょうぶ」と「あやめ」は、
葉の形がそっくりですが全くの別物。
かきつばたは「杜若」や「燕子花」と書きますが、これらは漢名からとったもの。
しかし両方ともかきつばたとは異なった植物なので、誤ってネーミングしたのが現代でも使われているのでしょう。


さて、江戸時代には園芸が一気に花開き、それがあらゆる分野に広まって、
豊かな文化を作ることにもなりました。
あやめやかきつばたもまた、着物の文様にたくさん使われました。

江戸時代にはすでに植物としての「あやめ」と「かきつばた」の違いは
わかっていたのですが、
一般的にはその呼び名はあいまいだったようです。
ただ、水とともに描かれればそれは「かきつばた」です。

f0186852_10144627.jpg

f0186852_10145659.jpg
  左の着物の文様が上の「水」と「かきつばた」


f0186852_10161009.jpg



f0186852_10163370.jpg
 左の若衆髷の少年が着ている
 振袖の文様も「水」と共にあるので
 「かきつばた」





上の二つは水辺に咲いているので、かきつばたですね。
f0186852_10170855.jpg


f0186852_10174405.jpg

上はあやめなのか、かきつばたなのかわかりませんが、
「あやめ立涌(たてわく)」または「かきつばた立涌」という図柄。

f0186852_10173151.jpg

f0186852_10184042.jpg

  ぼかし染めに麻の葉文様、
  そこにあやめ(またはかきつばた)を
  散らした振袖。







f0186852_10183026.jpg


  左の画は背景に「菖蒲」と書かれていますが、
  「あやめ」と読ませるのでしょう。

 



江戸時代の役者(歌舞伎の役者)に、
芳澤あやめというとても人気のあった上方の女形がいましたし、
「杜若(とじゃく)」という俳号を持っていたのは、
岩井半四郎で、特に五代目は「杜若半四郎」とまで呼ばれ、
その人気ぶりは多くの浮世絵に描かれています。

















056.gif
by edo-ukiyo-doll | 2016-05-11 17:15 | 江戸の文様・江戸の色

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る