「燗」

f0186852_22431593.jpg


 
 秋も深まるにつれ熱燗が恋しくなる。
つぶし島田の内儀が、桑の木目も美しい長火鉢で燗をしている。
利休鼠色地の落ち葉小紋の袷に、
黒地に空色と銀糸の雲形牡丹文様の帯といった渋い色合いの装いに、
髪に挿した赤玉の銀差しが艶を添える。

 江戸時代も後期にはいると家で燗をするには、
現代のようにやかんなどのお湯に徳利をつけるが、
煮売り酒屋などでは銅製の“ちろり”で燗をつけ、そのまま客に出す。
ここでは酒の肴も出し客は思い思いに酒を楽しむ。
江戸中期まで酒はもっぱら「下り酒」とよばれる上方の酒に頼っていたが、
文化3年(1806年)に酒造りが自由化されると、
江戸でも酒造りが盛んになっていった。
とはいえ下り酒の人気は衰えることはなく、
年間4斗樽で、100万樽を超えるほど江戸に運ばれていた。
だが下り酒はやはり高級品で、
江戸の庶民はもっぱら地酒の「隅田川」や
「宮戸川」などの銘柄を楽しんでいた。



*注◇煮売り酒屋・・・今で言う居酒屋。



*すべての作品、文章の無断転写、複写を禁じます。

copyright/Miyuki Iwashita

by edo-ukiyo-doll | 2008-09-30 22:56 | 「江戸浮世人形」

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る