Edo-CoCo

edococo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:七夕 ( 3 ) タグの人気記事

夏が終わると井戸そうじ

旧暦7月7日は七夕ですが、この日はまた江戸では「井戸替え」といって、
井戸を清掃する日です。
今年でしたら、8月24日、
ちょうど明日が七夕で、かつ井戸替えの日です。


f0186852_14374290.jpg 江戸の井戸の大方は、
上水道を使って給水される末端の水汲み場ですから、
いっせいに掃除しないと、
汚れた水が次の樋を伝わって給水されてしまいます。
長屋などでは、大家の指揮のもと住人総出で、
井戸の水をすっかりくみ出し、
一年間にたまったゴミや落し物を拾いあげます。
それが終わると、水神さま、井戸の神さまに、
お神酒とお清めの塩をお供えします。
また、地域によっては、七夕に素麺を食べますから、
「井戸替えの素麺」といって、
素麺をお供えするところもあるようです。



f0186852_15532377.jpg川柳にこんなのがあります。
「ありがたさ たまさか井戸で 鮎を汲み」
井戸で鮎が泳いでる?
玉川とつながってはいるでしょうけれど、
ほんとに鮎が井戸に?? 
「井戸替えに 大家とみへて 高足下駄」
井戸を浚う住人はみな裸足でしょうけれど、
大家さんは口は出すけど手も脚も出さない
・・・・なるほど。
足がぬれるのさえ、イヤってことですね。
でも、大家さん(大家は家主ではなく、長屋の管理人的存在)は、
みなの衆、よくやりましたなと、酒など振舞います。

f0186852_143828100.jpg


この井戸替えは、井戸浚い(いどさらい)は、江戸だけでなく、
上方でもやはりこの日にやるらしく、商家などでは大賑わいの一日だったと聞きます。


こんなに暑くても、きょうは処暑。
立秋もだいぶ前に過ぎ、もう暑さも収まる・・・・・・という意味です。
お住まいのところでは、暑さは収まりつつありますでしょうか?
明日が本来の七夕。
晴れていれば、街の明かりがジャマをしなければ、
牽牛と織女の天の川での逢瀬が見られます。
無事に夏も越せたと、夏越の祓いも済み、
後の半分も息災でありますよう、
長屋の住民も、力を合わせて井戸浚いをするのでしょうね。

みなさまもどうか、ご息災で、とにもかくにもこのクソ暑さ、
乗り切ってくださいましね!





169.png

[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-08-23 16:01 | 江戸ぐらし

七夕の食べ物

七夕は今年も雨のようですね。
といっても、梅雨のシーズンに七夕を、というのですから、
仕方ありませんね。
ほんとうの七夕は秋の行事で、今年は8月24日ですから、
織姫と彦星のデートをごらんになりたい方は、
ぜひ、この日に夜空に目を凝らしてくださいね。

f0186852_23342689.jpg

さて、江戸時代の七夕は、京の貴族の行事を踏襲したものなので、
七夕の日には、将軍の江戸城はもとより、
諸藩でも家臣は礼服をまとい、ご祝儀の挨拶に行きます。

七夕には、何か特別なものを召し上がりますか?
江戸時代には、素麺(そうめん)をいただきます。
夏の終わりに素麺・・・健康のためではなく、
中国の故事に由来しているようです。

f0186852_2335915.jpg

奈良時代に、中国から日本に、
「索餅(さくべえ)」というお菓子が渡来しました。
別名、「むぎなわ」ともいわれていますが、
小麦粉と米粉をミックスしたのに塩を入れ、
縄のようにねじって作ったものらしいです。
それが時代が進むと、柔らかいうちに伸ばして、
包丁で細く切ったものに変化したらしいのです。

これがなんで七夕に?
中国の伝説に、
王の子が7月7日になくなったのですが、
成仏できなかったのか、
この子の霊が人々に「おこり」
という病気をもたらしました。
そこで、この子が好きだった索餅を作ってお供えし、
霊は去っていったといわれます。


f0186852_23353766.jpg




      
 笹竹に短冊などを飾るのは、
        江戸時代になってからの風習。
        7月6日にこの画のように、
        物干し台の手すりなどに
        くくりつけて飾ります。
        それで、江戸の七夕は、
        笹竹で空が覆われるようだ
        と言われます。





この索餅というお菓子が、素麺の元になったとも言われ、
お公家さんはもとより、江戸時代には将軍から庶民まで、
七夕には素麺を食べることになったのです。
食べるだけでなく、七夕はお祝いの日ですから、
上司や親戚咽にもご挨拶に行きますが、
たいてい素麺や水菓子(果物)を持っていきます。


明日は、素麺食べようっかな~003.gif









・・・
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2012-07-06 18:18 | 江戸歳時記

七夕に・・・・



f0186852_1220593.jpg


現代の私たちにとっては、七夕は夏の行事ですが、
江戸時代には、秋の行事でした。
旧暦を用いている江戸時代は、夏は4,5,6月。
7月は秋になります。

七夕は牽牛と織女が天の川で逢瀬を楽しむ日。
ところが現代の7月7日は梅雨のど真ん中ですよね?
「五月雨を集めてはやし天の川」状態でしょ?
五月雨は梅雨ですし、五月晴れは梅雨の合間に晴れるから五月晴れ。
やっぱり旧暦じゃないと、季節の行事も意味がなくなります。




f0186852_12214933.jpg


























宮中では古くから、
七夕には七百首の歌を詠むなどの遊びをしていましたが、
江戸時代も中盤を過ぎますと、
すっかり庶民の行事になりました。
色紙で作った吹流しや網、紙で作った大福帳やひょうたんに西瓜、
願い事を書いた短冊などで飾り立てた短冊竹を、
屋根に掲げます。



f0186852_12204331.jpg


























6日の未明から江戸の空は、この短冊竹で覆い尽くされます。
壮観です!! (いいえ、私は見ていません!)
早朝、子どもたちは里芋の葉にたまった露で墨をすり、
字が上手になりますようにと願いをこめます。
娘たちはお針がうまくなりますようにとか、
恋の願いとか・・・これは和歌に託すのね、
短冊に書いて飾ります。

七日いっぱい飾ると、夕方には全部下ろして、
川や海に流します。


f0186852_12223288.jpg






























琴座のベガ(織女)と、鷲座のアルタイル(牽牛)は、
天の川をはさんでデートするのですから、
やっぱり秋の晴れ渡った夜空でなくっちゃ
かなわぬ恋になっちゃうと思いません?




f0186852_1223950.jpg

































とは言っても、7月7日であることにも、意味がありますから、
新暦の7月7日に笹飾りをして、お願い事をし、
旧暦の7月7日(今年は新暦8月26日)に、空を見上げ、
天の河原のデートを、拝見いたしましょうか・・・・グッド・アイディア!
[PR]
by edo-ukiyo-doll | 2009-07-07 12:30 | 江戸歳時記