人気ブログランキング |

タグ:百種接分菊 ( 1 ) タグの人気記事

百菊見物 (百種接分菊)

先日、「トラッド・ジャパン」という日本文化を英語で説明する番組で、
「菊」をやってました。
chrysanthemum・・・・これが英語で菊。
クリサンテマム・・・・て読むのでしょうか?
番組の中で、国芳の「百種接分菊」の画も紹介されていました。


f0186852_9514525.jpg
         上は『江戸浮世人形』の「百菊見物」。
         国芳の「百種接分菊」の画を基に、
         以前の個展『華のお江戸は花ざかり』のために作った作品です。




f0186852_9544180.jpg


















実際の展示では、百菊はこのように、小屋掛けされますが、
写真では菊がよく見えるように、小屋をはずしています。




以下は、作品につけた解説文です。

江戸時代には、菊作りが盛んに行われ、
巣鴨、染井辺りの植木屋の菊園、寺島の百花園などが菊の名所でした。
文化(1804~18年)末期には、
人物(菊人形)や帆掛け舟や灯籠などの「形造り」が流行ります。
巣鴨・染井では庭に縁台までだして見物させる植木屋が、50軒以上もあり、
ここに蝟集する人々目当てに、通りには酒や料理の店、茶店が軒を連ねたといいます。

形造りとはべつに、一本の台となる菊の茎に、
他の種類の茎を接いでいく「一本造り」という手法を高めた植木屋もいます。
それまでに20~30種類の菊を接いだものはありましたが、
駒込染井の植木屋・今右衛門は、
太さ 3寸(約 9cm)の茎に、100 種類もの中輪の菊を接いで
「百種接分菊」を造り上げました。
その「百種接分菊」に集まる人びとを描いた一勇斎国芳の浮世絵をもとに、
さらに私のオリジナルを多数加えて制作したのがこの「百菊見物」というわけです。




すごい情熱ですね!
現代ではこのような菊作りは無理、と思われていましたが、
「百種接分菊」に成功した方がいるとか・・・。
現代にもすごい人がいるのですね。


私の作った百菊は、すべて異なるように一本ずつ作り、
画と同じようにそれぞれに名前をつけ、名札を下げています。
画で見えない背後の菊は、自分で推理と想像力を働かせ、
それらしい菊と名前を付けました

また「百菊見物」の人形には、
すべて名前があり、職業やどこに住んでいるかも設定しています。

f0186852_10104014.jpg



右の人は繁蔵さん。
神田相生町「平右衛門店(通称かかし長屋)」の
青物売りで、だいの菊好き。
ふけて見えますが38才のひとり者。
とっても律儀でいいヤツなので、
いい女性がいたら紹介してください!110.png






f0186852_10111340.jpg







  ←人形の大きさは手と比較してね。
   この人は、船宿「川茂」の女将・お与野。
   深川にある客筋のいい船宿で、
   きょうは染井の世話になっている
   お武家の屋敷に挨拶に来た途路なので、
   高級な外出着を着ています。





        


f0186852_1011353.jpg
           このお武家は相生金吾衛門。
           御家人のご隠居ですが、
           囲碁仲間の友人が風邪でこられなくなって、
           一人できたから、少し寂しいのね。
           帰りに風邪っぴきの友に、饅頭でも買って行ってやろうかと・・・・・。



こうやってドラマが作られていくように思いませんか?

現代では菊観は廃れてしまいましたが、
小さな江戸ワールドで、江戸の人々に混じって、菊観ができますよ。












056.gif
by edo-ukiyo-doll | 2011-10-25 10:53 | 「江戸浮世人形」

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る