人気ブログランキング |

タグ:秋 ( 3 ) タグの人気記事

「おみやげ」

房総半島では、
あちらこちらで柿がたわわに実り、
夕方など、カラスの飛び行くさまと重なれば、
まさに「行く秋」といった風情。

『江戸浮世人形』に、こんな作品がある。
タイトルは「おみやげ」



f0186852_10244885.jpg


楽しげに語り合いながら歩む母娘は、
堀ノ内妙法寺(現・東京都杉並区)へ参詣の帰り。
江戸からは、1泊の小さな旅となり、
脚ごしらえもしっかり。

江戸時代の参詣は、
日々の暮らしの中の大きな楽しみで、
参詣先のみやげ物はその土地の名産でもある。
芝神明だらだら市なら生姜、
目黒不動は目黒飴、
駒込のお富士さん・・・と枚挙に暇がない。

堀之内妙法寺は、水飴、粟もち、もち花が有名。
水飴は古代からあったそうで、
米や粟のでんぷん質に酵素を加えて作る。

作品では、娘は風車に角兵衛獅子とみみずくを持ち、
母は柿と、名物の水飴をたずさえている。


この作品は手許を離れてしまったけれど、
母と子の、また郊外の秋の、
ほのぼのとした思い出が残っている。









by edo-ukiyo-doll | 2017-11-04 10:25 | 「江戸浮世人形」

今夜は十三夜

きょう10月9日(2011年)は、旧暦の9月13日で「十三夜」です。
毎月十三夜はありますが、旧暦では9月はもう秋の終わり。
いにしえより、ゆく秋の月を惜しむかのように十三夜を愛でていたようです。


江戸時代後期になりますと、
十三夜を「後の月見」とか
「二夜月(ふたよづき)」などと言って、
きぬかつぎ(小さめの里芋の皮をむかないもの)、
栗などお供え物をします。

仲秋の名月を見たら、十三夜の月見もしないと
「片見月(かたみづき)」といって、
忌み嫌うようになりましたが、
この風習は吉原からはじまったとも言われています。
仲秋の名月見に来た客は、
後の月見も必ず登楼する約束をさせられるのです。
吉原の集客キャンペーンが、
庶民にも広まっていったのですね。

とはいえ、晩秋の月を愛でる人は多く、
仲秋の名月の華やかな月見に対し、
静かにいつくしむような観月の風情があります。

f0186852_17512054.jpg  上の画は、舟で月見の一行が小名木川の
  「五本松」に差し掛かったところ。
  川面まで松の枝がのび、
  ここから見る月はどんなにか美しいことでしょう。
  丹波国の大名九鬼家の
  下屋敷から伸びている松ですが、
  もとは5本あったそうです。

     

f0186852_10472031.jpg




江戸の月の名所は数多く、
湯島、愛宕山、真乳山などの高いところ、
高輪、品川などの海浜、
隅田川、隅田川、不忍池といった水辺。
また玉川や武蔵野あたりへと、遠出する人もいます。












173.png

by edo-ukiyo-doll | 2011-10-09 06:57 | 江戸歳時記

「秋草の娘」

f0186852_14562220.jpg

「秋草の娘」 


「萩が花尾花葛花撫子の花女郎花また藤袴朝顔の花」と、
山上憶良が詠んだ歌が『万葉集』に収められている。
憶良はまた
「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花」
とも詠んでいる。
この七種が「秋の七草」で、
「春の七草」が食用の草を対象としているのに、秋は鑑賞用の草花になる。
したがって秋の七草の取り合せの美しさは、染色、工芸、絵画にと描かれる。

「萩」は野山でもごくふつうに見られ、
根や茎は頭痛やめまいに効果があるといわれる。
「尾花」は穂の出たススキのこと。
雑司が谷の鬼子母神のススキのみみずくは、
浮世絵にも描かれる古くからのみやげもの。
「葛」は全国どこの山野にでもあり、
根からは葛粉や風邪薬として今も一般的な葛根湯がとれる。
「撫子」は鮮やかなピンクの花を付けるので、色のpinkは撫子に由来する。
種は薬用となり利尿や消炎剤となる。
「女郎花」も秋草の代表格の黄色が鮮やかな花で、
これも根は利尿や消炎、膿を出す薬となる。
「藤袴」は淡いピンクがかった小さな花を付ける。
「朝顔」は桔梗の古名で、根は痰切りや排膿薬として用いられる。

 この作品は、黒襟をかけた、藍鼠色に大柄の花と貝文様の振り袖に、
段染の麻の葉絞りの帯を、引き抜きに結んだ娘。
手には、摘んで来たばかりの尾花と桔梗。
秋の花を供えて待つ今宵の月は、十七夜である。





*注 十七夜は、この作品上の設定です。






*すべての作品、文章の無断転写、複写を禁じます。
by edo-ukiyo-doll | 2010-10-23 15:00 | 「江戸浮世人形」

「江戸浮世人形」人形師・岩下深雪の江戸はここにあり       ホームページ開設 http://edoukiyoningyo.edo-jidai.com


by edo-ukiyo-doll
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る